心を癒すさまざまなセラピーについて学びましょう

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません。




催眠療法おすすめ施設↓ 詳細はこちら↓





安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にもご満足頂いています。



前世療法と精神世界

前世療法においては、前世という存在をどのように解釈するかで、その効能に大きな違いが出ると言えます。ここでは、前世の実在を肯定した場合に、どのような世界観、人生観が展開できるかを解説していきます。


運命とは刻々に創造していくもの


[前世療法とは催眠状態で過去の記憶を探るセラピーです。自分の前世に戻りましょうと誘導すると、多くの人は前世の物語を語りだします。これまで何度も生まれ変わって生きていて、死んでも無になるのではなく来世があることを悟ります。誰でも前世でやりのこした課題を抱えていて、今生でそれを克服したり完成しようとしています。


前世から引き継いだ無意識の衝動


自分の中の無意識の衝動の背景に前世の自分の意識が関与していたことに気がつくのです。そのからくりを悟ることで、そのマイナスの影響から自由になることができます。ところが、しばしば「生まれる前の約束」とか、「転生のときの契約で」とか、こういう考え方にしばられている人がいます。これはちょっと理解がずれています。確かに前世療法では、生まれる前の場面が出てくることがあります。そこでは、これから生まれる人生での、いろいろな約束を決めてから生まれてきます。しかし、その決め事は神の命令のようなものではなく、自分でプランニングしてくるものです。誰かを苦しめたので、次の生まれ変わりでは、その人に償いたいなどと、魂の計画が生じてきます。


運命は決まっておらず常に変化の可能性を持つ


生まれてからも軌道修正の自由が与えられています。もうこの関係からは卒業したいと魂が悟り、気づき、軌道修正をすることで、自分を苦しめる縁から自由になることもできるものなのです。ポイントは立志発願です。どんなときでも刻々の自分の発願が大事です。どんな人生を創造したいのか、自分が決意して、そこにむけて動き出すことが大切です。自分のかかえている前世の借金(劫)と貯金(徳分)は、どんな生き方をしてもついてまわります。しかし、生きていく道筋は刻々の自分次第なのです。


あなたを縛るものはなく人生は自由自在に変えられる


何かに縛られていることは残念なことです。その自分を縛る観念、自分を縛る人間関係、環境への執着を解き放つことに積極的になってみましょう。良いこだわりであれば、そのままで全然かまいませんが、自分を苦しめるこだわりだったら捨てても良いのです。前世療法から導き出される万人共通の天命は、私たちは魂を磨くために生まれ変わり死に変わりして、この世にやってきたという視点です。この本質さえ押さえていればもっと自由で融通無碍に考えてよいのです。もちろん、すべては自分の今いる場所からのスタートです。人それぞれスタート地点が違う以上、結果が出るまでの所要時間も労力もすべて個々に違うのです。それを受け入れたうえで、人生に前向きに立ち向かうことが大切です。決してあきらめることなく、立ち向かうことです。


※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

前世療法と精神世界記事一覧

前世と今生との間には、因果応報の法則が成立していることが多数の症例を検討することで理解されます。因果応報の法則とは、物理学でいう作用・反作用の法則にも似た仕組みです。前世で他人を苦しめ、困らせた人は、生まれ変わったら、今度は自分が同じような苦しみと困難に見舞われるという法則です。例えば、前世で、多くの人を苦しめて搾取した人物は、生まれ変わると今度は自分が他人から搾取されて苦しむ立場になります。前世...

前世療法で得られる前世の記憶は、回数を重ねるほどに鮮明で具体的なものが出てきます。こうした前世の物語を実在のものとして、詳細に分析すると、因果応報論が出てきます。そして、原因と結果の法則である因果応報の法則が、生まれ変わりを通じて、過去から現在へと連綿と続いていることがわかってきます。いったい、このような因果の法則は、私達の輪廻転生にどのような影響を与えているのでしょうか。前世を肯定することで、こ...

前世での思いと言動が、形をもったものとなって、今生に出現することがわかると、私達は、今この人生においてもこの意識が現実となって現れてくる現象をしばしば経験していることを自覚するようになります。これは、巷でよく言われる「引き寄せの法則」と同じ現象であるとわかってきます。これが生まれ変わりを通じて私達に働いているのです。ある人生で夢を描き、懸命に努力したが、ついに夢叶わずに没した場合、生まれ変わってか...

前世と現世の「中間世」を語る子供たちが存在しています。横浜市の池川クリニック院長、池川明医師は「胎内記憶」に関する調査を十数年以上続けてきたそうです。「お母さんのおなかにいたときのこと、おぼえているかな?」と、質問すると、三割の幼児がさまざまな記憶を物語るそうです。母親の子宮に宿るときのことをある幼児は「お空からみていたよ」「呼ばれたから生まれてきたんだ」と表現したそうです。こうした調査の結果、胎...

「死にたい」と言っている人に私達は何ができるでしょうか。どうしたら、自殺を防止できるでしょうか。その答えの一つが、「生まれ変わりの法則」にあります。生まれ変わりを認めるから人は簡単に自殺をするのだと批判している人もいるようですが、これは「生まれ変わり」への大きな誤解にもとづくものです。前世療法の症例に多数ふれればおのずから明らかなことですが、人は自殺すると、いわゆる天国のような安らかな世界には行き...

「引き寄せの法則」という言葉が広く知られるようになりました。人間の意識のパワーは願望成就を引き寄せるということが多くの精神世界の書物に述べられています。ナポレオン・ヒルや、ジョセフ・マーフィーといった人達の著作が有名です。自分の願望が叶う人と叶わない人の最大の差異はどこにあるのでしょうか。同じようにイメージングして、想念して、成功を信じて努力しても、それぞれの人で差が出ます。これは、前世療法の観点...