前世療法から自殺を考える

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません

催眠療法↓ 詳細はこちら↓




安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にも。



自殺を防止するために大切なこと

「死にたい」と言っている人に私達は何ができるでしょうか。
どうしたら、自殺を防止できるでしょうか。
その答えの一つが、「生まれ変わりの法則」にあります。


生まれ変わりを認めるから人は簡単に自殺をするのだと
批判している人もいるようですが、
これは「生まれ変わり」への大きな誤解にもとづくものです。


前世療法の症例に多数ふれればおのずから明らかなことですが、
人は自殺すると、いわゆる天国のような安らかな世界には行きません。
自殺する時の人の心は暗く冷たく重い状態にあります。


その状態で死ねば、暗く冷たく重い死後世界にいくのです。
これを昔の宗教家は地獄などと表現したのです。


生きている時の想念に応じた世界にいくので、
天国にいくには、明るく軽く温かい心で生きていなければ絶対にいけない世界なのです。
それゆえに自殺すれば苦しみがなくなるというのは違います。
むしろ、苦の世界が待っているのです。


その一点をとっても自殺はしてはならないのですが、
話はこれだけでは終わりません。その後があります。


自殺した人は次の生まれ変わりも悲惨なものになります。
というのは、自殺するきっかけになった苦難と
同種の苦難を次の生まれ変わりでも再び体験するからです。


生きて、困難を乗り越えてクリアしなければ、
何度でも同じものに直面することになるのです。
もちろん、前回苦しんであがなった分は若干は差し引かれますが、
同種の苦難に会うことそのものは避けられません。


つまり死んで逃避しても無意味なのです。
死による逃避は輪廻転生して進化する魂の視点からは「怠り」なのです。
そのため、なんとしても自殺以外の方法で問題を克服すべきなのです。


自殺とは生きることをやめることですが、生きることをやめる以前に
他にやめられることがあるはずです。


周囲の人々は、それを支え、助けるべきであり、
このような生まれ変わりの法則について、できれば知らせてあげて下さい。
そして、前世療法を体験することで、実感をもって、
受け止めることができるようになります。



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。