心を癒すさまざまなセラピーについて学びましょう

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません。




催眠療法おすすめ施設↓ 詳細はこちら↓





安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にもご満足頂いています。



願望を実現するために絶対に必要なこと

「引き寄せの法則」という言葉が広く知られるようになりました。人間の意識のパワーは願望成就を引き寄せるということが多くの精神世界の書物に述べられています。ナポレオン・ヒルや、ジョセフ・マーフィーといった人達の著作が有名です。自分の願望が叶う人と叶わない人の最大の差異はどこにあるのでしょうか。同じようにイメージングして、想念して、成功を信じて努力しても、それぞれの人で差が出ます。これは、前世療法の観点から述べれば、前世の徳分が十分にあるか、ないかによっています。


生き方が天地の法則に適合しているか、していないか、そういうものも大いに影響しますが徳分をたくさん持って生まれている人は願いが叶いやすいといえます。イメージ力以上に大きい要素は、前世から持ち越した徳分の総量なのです。徳分が少ないと感じる場合は、日々の積善でそれを積み上げて補うことが大切です。そして、もう一つ、大きなポイントがあります。それは何かというと、「念力の強さ」です。悪人でも、一時的にせよ願望を叶え成功してしまう理由は、彼らの念力が強いからです。煩悩や邪悪な欲望であっても、何が何でもそれを得んとする強い執念があるからです。念力の強さがあると、引き寄せが働きやすくなりますので、願いを実現させてしまうということです。


善人は、とらわれやこだわりがない無執着な人も多く、「ああ、いいですよ〜」と人に譲る人が多いです。何が何でも、という強い執着がないのです。だから願いが叶わないということもあるのです。そこで、大切になってくるのは、良い意味で、粘着気質になって、正しい願望を強い執念で、引き寄せる心がけです。想念を繰り返したり、祈りを繰り返したり、努力ができるのは実現を強く願っているからです。これが、念力の元です。想念のパワーの根源です。病気を治したい、健康になりたい、結婚したい、裕福になりたい、理想を実現したい、こういうさまざまな自分の願いは自分も周囲も幸せにする善なる願いですから、もっと強く念じて、何が何でも叶えるぞと思ってよいのです。メンタルを病むような人は、ネガティブな方向に、こだわりすぎる人です。


その方向を逆転させて、ネガティブからポジティブに切り替えるのです。そうすれば、その強い念力があなたの幸せを実現させるほうに作用します。もっと強い念力を持とうと決心して下さい。そして、正しい願いを強く念じて下さい。否定的なことを思うエネルギーを肯定的なことを念じる方向に切り替えて下さい。そうすれば、すべてが変わり始めます。それが自分の心の世界の主宰者となる道です。圧倒的に強い念力で理想実現を念じるよう心がけていくと同時に、今の自分にできるあらゆる努力を実行しましょう。努力すべきことの中にはめんどうなことや、時間や手間がかかることもあるかもしれません。


しかし、例えば、釣りが好きな人は、大物を釣り上げるために釣り竿や浮きやエサや仕掛けを準備して、湖や河川の環境を良く調べます。そして、いざ、釣りにとりかかったら、大物を釣り上げるまでじっと座り、何度も何度もエサを取り替えて釣り竿を振ります。朝から晩までじっと獲物がかかるのを待っていることも多々あります。何日もその釣り場で粘る場合もあるでしょう。それだけの労力、それだけの時間をなぜかけるのか、それは「大物を釣るぞ〜」という良き執念があるからです。多少、間違った方向性の願い事であっても、このように強く念じ、労力を惜しまず努力する人の場合、持って生まれた運を乗り越えて叶えてしまうことも多々あるのです。


※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

引き寄せ〜願望を実現する関連エントリー

前世療法からみた因果応報論
催眠療法の一つである前世療法について、因果応報論の立場からの情報をまとめました
前世療法からみた輪廻転生論
催眠療法の一つである前世療法から導きだされる輪廻転生論についてまとめました
前世療法からみた想念現象化
引き寄せの法則とも呼ばれる想念の現象化についてまとめました。
前世記憶と胎内記憶
前世記憶と胎内記憶についてまとめました
前世療法から自殺を考える
催眠療法の一種、前世療法について理解すると自殺を防止する方法がわかります。