心を癒すさまざまなセラピーについて学びましょう

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません。




催眠療法おすすめ施設↓ 詳細はこちら↓





安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にもご満足頂いています。



前世療法

前世療法を世界的に広めたのは、
アメリカ人精神科医ブライアン・ワイス博士です。
ワイス博士の著作は日本でも多数翻訳され、
入手できるようになっています。


前世療法というのは、退行催眠の一種です。
退行催眠とは、精神的な問題の原因になっている
過去の記憶を催眠状態で思い出し、
その時のトラウマを癒すことで症状が緩和されるという手法です。


退行催眠は一般的には幼児退行が中心ですが、
記憶をさかのぼる誘導をさらに進めていくと、
母胎の中の記憶まで戻り、さらに、
生まれる前の前世の記憶まで戻ることが可能です。


原因不明の症状や、人生上の行き詰まりなどの
原因が前世にあることも多く、この前世療法を用いることで
現在の問題の解決の糸口が見いだせることが多いのです。


前世療法は、うつ状態や、パニック、対人恐怖などの
メンタル系の疾患に対しても効果があるため、
少しずつ取り入れる医師が日本でも出てきているようです。


前世療法では、前世の自分の行いや感情や思いが、
今生の自分に大きな影響があったことを体験しますが、
このことが症状の緩和につながっているようです。


もう一つの人生とも呼ぶべき、
前世という物語を疑似体験することで、
人生を客観的に見ることができるようになるのです。


この体験を経て、多くのクライアントは、
被害者意識で他人を責めてばかりであった自分を
客観的に見るようになります。


自分が置かれている環境や境遇が、決して偶然の産物ではない
ことに気づき、自分の中で意識の変容がおこるのです。


そして、多くの場合、人生のテーマを見出し、
新たな希望を獲得することができます。
健康な人であっても、人生のテーマという問題に
切り込んでいける体験として、貴重なセラピーであるといえます。


その意味で、前世療法はさらに普及されるべきものです。
ただし、注意が必要な面もあります。


前世療法を世界に普及させたアメリカの精神科医、
ブライアン・ワイス博士は、
その著書の中で、「前世療法は医師から受けることが望ましい」と明記しています(『前世療法2』PHP出版)。


これは「前世療法で見たものを現実の問題に統合するためには、
医療知識、臨床経験が不可欠であるため

であるとしています。


サイト運営者情報


 

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

前世療法関連エントリー

催眠暗示療法
催眠療法の一つである催眠暗示療法についての情報をまとめました
インナーチャイルド療法
催眠療法の一種であるインナーチャイルドセラピーについての情報をまとめました
未来世療法
催眠療法の一つである未来世療法についての情報をまとめました
未来療法
心理療法の一つである催眠療法と、その他の心理療法についての情報をまとめました

 
恋愛心理学 カウンセリング NLP 認知行動療法 催眠療法 前世療法 ACT(アクト)