催眠療法はどこで受けても同じというものではありません。




催眠療法おすすめ施設↓ 詳細はこちら↓





安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にもご満足頂いています。




※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

催眠療法記事一覧

催眠暗示療法は、潜在意識の中にしっかりと入った暗示は、やがて現実化されるという理論に基づいています。催眠状態に誘導したクライアントに、必要な肯定的行動や思考の暗示を入れることで、催眠から覚めた後の日常生活におけるクライアントの行動や思考に好影響を与えるというものです。通常のカウンセリングやその他の心理療法では、セラピストとクライアントの対話によって、到達する結論へ、催眠状態を利用して、一気に踏み込...

インナーチャイルドというのは、自分の意識の中に住んでいる幼き頃の自分の意識です。三歳から五歳ぐらいの子供の意識です。幼児期の両親とのかかわりが、その後の精神の発達と成熟に大きな影響を与えていることは良く知られています。幼児期の両親との関係に葛藤があった場合、その頃の記憶の象徴的存在であるインナーチャイルドは、病んだ状態にあるといえます。この病んだ状態にあるインナーチャイルドを癒すことで、現在の自分...

前世療法を世界的に広めたのは、アメリカ人精神科医ブライアン・ワイス博士です。ワイス博士の著作は日本でも多数翻訳され、入手できるようになっています。前世療法というのは、退行催眠の一種です。退行催眠とは、精神的な問題の原因になっている過去の記憶を催眠状態で思い出し、その時のトラウマを癒すことで症状が緩和されるという手法です。退行催眠は一般的には幼児退行が中心ですが、記憶をさかのぼる誘導をさらに進めてい...

現在も入手可能な書籍『前世療法』(PHP出版)はアメリカ人精神科医ブライアン・ワイス博士の著作です。そのワイス博士の著作に『未来世療法』(PHP出版)があります。同書で解説されている未来世療法とはいかなるものかというと、前世療法の場合は、過去世を体験するのに対し、未来世すなわち、現在の人生が終わった後、生まれ変わった未来の人生を体験します。これは、前世療法の発展型といえるセラピーです。通常は、前世...

催眠療法において、催眠状態の自分が未来の出来事を体験するという手法があります。これは未来療法または未来予見法ともいわれます。催眠状態にはいると、人は誰でも自分の未来を正確に予測できるようになります。この未来のイメージには希望や恐れも含まれているとも考えられますが、未来の自分と対面し、対話することが可能です。そのときに、どうすれば成功するのか、どうすれば失敗するのかを、未来の自分からアドバイスしても...

うつ病を治す催眠療法には、さまざまな種類があり、簡単な自己暗示療法から、退行催眠までそれぞれの長所を活かして利用することが大切です。アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士が普及させた催眠療法の手法が前世療法というセラピーです。うつ病やパニック障害やそのほかさまざまな精神疾患の改善に有益です。ワイス博士は、米国人の精神科医で、催眠療法の一種、前世療法を世界に普及させた人物です。ワイス博士の『前...