アルコール依存症

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません

催眠療法↓ 詳細はこちら↓




安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にも。



アルコール依存症

飲酒が他のどの問題よりも最優先される状況になった疾患です。
飲酒への強い依存があります。


アルコールへの心理的な強い欲求と身体的依存があります。
強力で抑制できないほどの飲酒への欲求があり、


過度の飲酒によって身体的障害に陥ります。
社会生活も障害されます。


アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変などを発症します。
肝硬変にいたると身体的には不可逆的となります。


一度、肝硬変となった肝臓は、元には戻らないためです。


認知行動療法などの心理療法が有効です。
この他、グループセラピー、ヒプノセラピー(催眠療法)なども行われます。
入院によりアルコールからの離脱を行う場合があります。



 

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。