心を癒すさまざまなセラピーについて学びましょう

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません。




催眠療法おすすめ施設↓ 詳細はこちら↓





安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にもご満足頂いています。



催眠療法と心理療法に関する推薦書籍

【精神神経免疫学に関する書籍】



心身免疫セラピー―精神神経免疫学入門

エリオット・S.ダッチャー/著 中神百合子/訳(春秋社)


【家族療法に関する書籍】


「家族神話」があなたをしばる―元気になるための家族療法 (生活人新書)

斎藤学/著(日本放送出版協会)


【認知行動療法に関する書籍】


自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法

メラニー・フェネル/著 曽田和子/訳(阪急コミュニケーションズ)


【催眠療法に関する書籍】


あなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法

A・M・クラズナー/著 小林加奈子/訳(ヴォイス)


【前世療法に関する書籍】


前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)


ブライアン・L・ワイス/著 山川紘矢/訳 山川亜希子/訳(PHP研究所)



前世療法 医師による心の癒し

久保征章/著 (東方出版)


輪廻転生という宇宙観を取り入れると、人生の意義というものがどう変わるのかを考察しています。しばしば、批判される例として、前世があると信じると自殺を容易にしてしまうというのがあります。本書を読めば、それがまったくの勘違い、見当違いの理屈だと理解できることでしょう。輪廻転生の世界観においては、自殺は、死後世界での苦しみをもたらし、次の転生でもさらなる苦悩を生む、最悪の選択肢だとわかるのです。それゆえに、輪廻転生を知れば、自殺はできなくなるのが本当です。世の中の事件において、前世があると信じて自殺したとする事例においては、その自殺者は、おそらくは、前世療法の本も、輪廻転生の本もいっさい読まず、アニメか何かの漠然とした中途半端な知識によって、行為にいたったとみるのが妥当です。ともあれ、本書は自殺を考えている人が読めば、自殺を確実に思いとどまることになるでしょう。自殺防止の特効薬でもあります。


2017年5月発売「ゆほびか7月号」に久保征章の特集が掲載されました。
(久保征章製作CD付)

ゆほびか 2017年 07月号



※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

推薦書籍関連エントリー

精神科医療の矛盾点
心理療法の一つである催眠療法と、その他の心理療法についての情報をまとめました
精神医学の限界
精神科の医療の仕組みの抱える問題点を告発します。
推薦研究機関
催眠療法と、その他の心理療法についての研究機関の情報をまとめました
催眠療法の独習用教材
催眠療法を独習するにはどうすればよいのでしょうか。