催眠療法と心理療法に関する教材

催眠療法はどこで受けても同じというものではありません

催眠療法↓ 詳細はこちら↓




安心のヒプノセラピーを体験できる施設をご紹介しています。

はじめての方でもお気軽に。他でダメだった人にも。



催眠療法に関する教材

言葉というものはそれだけでパワーがあります。日常でのつぶやき、日常での独り言、そして思考すべてが、自己暗示となり、自分を動かします。良い言葉は良い自己暗示として作用し、悪い言葉は悪い自己暗示として作用します。

良い言葉は安心、満足、喜び、幸せ、希望につながる


良い言葉とは安心、満足、喜び、幸せ、希望につながる言葉だといえるでしょう。自己肯定、他者肯定も良い言葉です。賞賛、祝福も良いですね。良い言葉は良い感情を生み出します。悪い言葉は悪い感情を生み出します。想念とは自然に浮かんでくるものだと思わないほうが良いです。むしろ積極的にプラスの想念を自分で作り出していくべきなのです。マイナスの想念が浮かんできたら、それにとらわれることをやめ、むしろ、プラスの想念を積極的に口に出し、自分に言い聞かせることをやってみましょう。自分の名前にも注意しましょう。ペンネームなどもできるだけ肯定的なものを用いましょう。昔、わが子に悪魔という名前をつけようとして、騒ぎになった親がいました。一枚の布切れでも、それにタオルと名づけるのと、雑巾と名づけるので、その後の布切れの運命は大きく変わります。名前とは最大の自己暗示であり、良い名前は自分にとってのお守りになります。ぜひ、肯定的で幸せにつながる名前をつけるようにしましょう。

『家庭でできるヒプノセラピー』


催眠療法と心理療法に関する教材記事一覧

推薦書籍

守護霊さんとお話して幸せになるCDブック (医師が考案した驚異の催眠療法)【催眠療法に関する書籍】前世療法 医師による心の癒し久保征章/著 (東方出版)輪廻転生という宇宙観を取り入れると、人生の意義というものがどう変わるのかを考察しています。しばしば、批判される例として、前世があると信じると自殺を容易にしてしまうというのがあります。本書を読めば、それがまったくの勘違い、見当違いの理屈だと理解できる...

続きを読む
dummy
精神科医療の矛盾点

精神医学の発祥がいかに、いかがわしい思想から始まっているか。そして、精神科医の先駆者たちは唯物論的思考で人間を家畜化し、薬漬けにして支配する、という思想を持っていたのであるとわかっておくことは自分を守ることにつながります。現在の日本で、精神科医による薬漬けともいえる医療の横行するさまは、こうした精神医学の根本哲学のゆがみにあるのです。心の不調を薬で治すというのは一見、正論のように感じますが、よく考...

続きを読む
dummy
精神医学の限界

漢方診療を主体として、精神疾患などの治療を行っている医師も増えています。その一方で、精神科や心療内科では、無根拠で無責任な診断がなされている部分もあります。多くの精神科医が薬に頼り、薬漬け医療が横行している側面があります。そして、治せない精神科医療により、治らず通い続ける患者が急増しているのも事実です。思考の歪み、認知の歪みがすべての背景にあり、ここから、個々の気質などにより、さまざまな病気へと進...

続きを読む
dummy
推薦研究機関

【日本心理臨床学会】昭和57年に設立された一般社団法人。心理臨床にたずさわるもの相互の連携協力、心理臨床科学の進歩などを目的としている。心理学界では、会員数が日本最大の学会とされている。【日本心療内科学会】特定非営利活動法人。心療内科学の研究発展および、心身医療の教育研修に関する事業を行ことを活動目的としている。心療内科学とは、内科および各科領域の身体疾患に対して、心身の両面から取り組む分野である...

続きを読む
dummy
催眠療法の独習用教材

催眠療法はヒプノセラピーとも呼ばれています。よく知らない人は、催眠療法を睡眠療法と間違えたり、ヒプノセラピーをピプノセラピーと間違えたりするようです。よく、ピプノを受けましたなどという間違われ方をします。正確には「ヒプノセラピー」です。適切な教材をマスターすれば医師や看護師や鍼灸師や臨床心理士のような医療従事者であれば、プロとして、事件や事故や訴訟にまきこまれずに安全にそして、人々のためになる存在...

続きを読む

※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。